*

早起きは楽しい!を今年はもっと伝えたい

2018年01月05日

あけましておめでとうございます!株式会社 朝6時 池田千恵です。

年末年始は家族でゆっくり過ごしました。とはいえ、とら(息子1歳11ヶ月)と遊び回ってドタバタでゆっくりどころではなかったですけどね。もう13キロを超えて、抱っこすると腰にきます(笑)

 

池田千恵公式ブログ iプラ・時間美人・Before 9主催、自分企画力で私をいっそう楽しもう!-ipla

 

とらは黒豆が大好きで、去年食べ過ぎてお腹の調子が悪くなったため、今年は「10個までよ〜」と教えてからあげたところ、「いーち、にー、さーん、しー、ごー、ろく、しーち、はーち、きゅう、じゅー、じゅー、じゅー」と「じゅー」を何度も繰り返して10個以上食べてました。その手があったか!おのれ、策士だな。(そういえば、じゅう、の次がじゅういち、だと教えてなかったというオチでした)

 

さてさて。

 

今年は、早起きのイメージをもっともっと楽しいものにしたい!と活動を続けていきます!

 

歯を食いしばって、頑張って早起きして目標達成…!もいいけど、この頑張り方だと一生続きませんからね。

 

拙著『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』では、半年の早朝勉強で大学に合格した話を書きました。これも、「半年」と期間を区切ったから、ツライ勉強も乗り切れたのです。

 

一時期ツライ思いをしたとしても、「楽しい」に昇華させないと絶対に続きません!

 

その「楽しさ」の部分を、あまり伝えてこなかったかもしれないなーと。

 

ですので、楽しいイベント企画、ホテルの宿泊プランプロデュース、ときめく朝文具プロデュースなどを通じて、「朝ってこんなに楽しいんだ!」と気付く人を増やしていきます!

 

今回は、早起きの楽しさについて触れた本、記事について紹介しますね。

 

■近著の『朝の余白で人生を変える』はゆるーく読めて、楽しさを感じていただける本だと思いますよ。お陰様でベトナム語版がでることになりました。

池田千恵公式ブログ iプラ・時間美人・Before 9主催、自分企画力で私をいっそう楽しもう!-ipla

 

■年末に東京ミッドタウンで開催されたWOMAN EXPOでの講演の模様が記事になりました。こちらでは、早起きを楽しくするコツについても描かれています。

「夜2時間」の余裕を生む、「朝30分」の工夫とは

http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/101700153/121900007/?n_cid=nbpwol_mled

 

■朝時間.jpでは、年始の誓いを立てたけど、早くもくじけそうになったときの立て直し方について書きました。

一年の計は元旦には「ない」!年始の決意を鈍らせない考え方

https://asajikan.jp/article/137588

 

みなさんが、毎日早起きしなきゃダメだという呪いから解放されて、楽しく早起きと付き合えますように。

関連記事

見習いたいプチサプライズ

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。 7月は、お祝いラッシュでした。まずは

記事を読む

らでぃっしゅぼーや様にて、ビールの勉強会参加しました

こんにちは!CONECTA 池田千恵です。 「働きウーマンに贈る 私であるための企画力講座(i

記事を読む

「働き方改革」で社員が伸びる会社/社員がサボる会社の違いとは?

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。   とらちゃん(息子の愛

記事を読む

いろんな富士山お裾分け/新年こそ「板書力」を

あけましておめでとうございます!池田千恵です。 お正月は、連れ(夫)の実家の静岡でのんびり。普

記事を読む

自己肯定感を得るToDoリストの作り方

こんにちは!池田千恵です。 昨日、「武雄で朝活」 という記事をみつけ、Facebook 上で「

記事を読む

鹿児島で起こった、不思議で幸せな話

こんにちは!池田千恵です。 ただいま鹿児島に来ていて、いま東京に戻る前にこれを書いています。先週は仙

記事を読む

「生きがい」はどこにも売っていない

こんにちは。CONECTA 池田千恵です。 今回は皆様にご報告があります。 4月より、ご

記事を読む

頑張れ受験生!17年前の体験記

今日は、母校の入学試験の日。17年前の今日も、こうして早起きして会場に向かう準備をしていた。 私は

記事を読む

8月4日は「朝活の日」/記念日をご縁とした出会いの話

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。 突然ですが、明日8月4日は、今年より「朝活の日」

記事を読む

ココまで心を開いて、塾生の為に、エネルギーを沢山おくり、 熱く指導、応援してくださる先生は、今まで、見た事がなかった。

ココまで心を開いて、塾生の為に、エネルギーを沢山おくり、 熱く指導、応援してくださる先生は、今まで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

copyright© ikedachie.com all rights resereved
PAGE TOP ↑