朝活したい方必見!「朝日記」の書き方と効果、メリットを紹介

おはようございます!池田千恵(@ikedachie)です。

J-WAVEで毎週月曜日~木曜日、朝5時から放送されている「暮らしが芽吹く朝時間」をテーマとした番組「KURASEEDS」(ナビゲーター:山中タイキさん、パートナー:小学館kufura編集長 佐藤明美さん)に2021年4月8日、出演しました。「朝日記」をテーマにお話しました。公式サイトでのレポートはこちら/radikoのタイムフリー視聴はこちら

そこで今回、番組では時間の都合でお伝えしきれなかった「朝日記」のメリットやコツについて、さらに深く掘り下げてお伝えします。

■朝活したいと思ったときに手軽に始められる朝日記とは?

筆者が提唱しているのは「朝の3行日記」です。朝、3行書くだけでOK!5分もかからず書けるので、朝活を始めたいけど敷居が高い方にも気楽にはじめられます。

「朝の3行日記」とは「まだ実現していない半日先の未来を、あたかも実現したかのように書く」日記です。普通は日記というと、その日にあったことを夜書くものですが、この日記は朝書きます。始業前の朝「こんな一日の終わりだったらうれしいな」という内容を「3行だけ」書いてみましょう。3行だけなので、忙しい朝でもすぐに書けます。

■朝日記はなぜ「朝」に書く?

朝、自分の理想の1日をイメージすることで、1日のスタートをそのゴールに向けて過ごそう!という気持ちになります。するとあら不思議、本当に実現でき、嬉しくなり、また前向きな気分で頑張ろうと思えます。

これを心理学では「プライミング効果」と呼ぶそうです。プライミング効果とは、予めうけた刺激に行動が影響される効果です。朝イチに自分に「こうだったらいいなあ!」という理想の刺激を与えることにより、1日の行動を良い方向に持っていくことができるわけです。

また、「こうなったらいいなあ!」という理想には、自分の好きなこと、わくわくすることが含まれますよね。自分の「嬉しい、楽しい、気持ちいい」に朝イチで敏感になることで、価値観や自分の軸が明確化していきます。

■朝日記には何を書けばいい?

例えばこんなふうに書いてみてください。

  • 今日は仕事が予定どおりにスムーズに進んだ!
  • 食欲をコントロールして0.5キロ体重が減った!
  • 家の中がきれいに片付いて気持ちよかった!
  • 友達と笑い合いながらごはんを食べることができた!

簡単ですよね?

朝イチに良い予感を前もって予測すると、「こういう一日にしよう!」と思いながら日々を過ごすことができるので、不思議なほど願望が実現します。

■朝日記と夜日記の違いは?

夜の日記も良いですが、夜は内省的になりがちなので、日記の内容が反省や後悔になりがちだと感じています。筆者は「夜のクヨクヨより朝のクヨクヨ」を提案しています。夜だと「ああすればよかった」「こうすればよかった」ともう考えても仕方ないことをグルグル考えてしまいます。でも朝なら、過去の反省も「次はこうしよう!」と前向きに分析できます。

夜書くと反省や後悔になりがちな内容でも、朝なら希望や未来の展望を見つけることができるのが大きな違いです。

■朝日記におすすめの手帳や日記帳、ノートは?

たった3行書くだけなので、手帳の空きスペースやメモ欄で手軽に始められますが、朝いちばんの気分が1日を左右するため、ノートや手帳の紙質やペンの使い心地、インクのすべりなどにこだわるとさらに良いですね。

筆者が紙質、書き心地を試した結果、おすすめノートは

です。ペンは長年愛用しているLAMY2000がおすすめです!

なお、筆者が11年連続でプロデュースしている朝活手帳には「朝の3行日記」スペースがすでにありますので活用してみてください。

朝活手帳については↓に詳しく解説しています。

■朝日記は見直すべき?

朝書いたことは夜寝る前に見直し、1日を思い通りに過ごせたかどうか確認してみましょう。そして、理想の1日が実現できた!と思ったら、思いっきり花マルをつけていくのがオススメです!

花マルがつけられた日記を毎日眺めると、「できた!」が積み上がっていく実感を得ることができます。

■コロナ禍の今だからおすすめする朝日記のポイントとは?

在宅勤務やリモート会議などが増えて、家で過ごす時間が増えたため、自分を律するリズムが狂ってしまっている人が多いです。

朝のルーティンとして「朝の3行日記」を書くことで、自分がどういう1日を過ごしたいのかを最初にイメージしてリズムをつくることができます。

■朝日記で人生をデザインしていこう

朝ほんの少しの時間を使って理想の一日をイメージするだけで、自分の「好き」や「こうしたい」が見えてきます。その結果として、Have to=やらなきゃ、で追われる時間で埋めがちな朝時間に、Want=やりたい!を加えることができます。

朝イチで「Want」を積み上げることで、「自分は今、主体的に日々を過ごしている!」という実感が積み上がりますよ。ぜひ試してみてください。


■朝活 7日間無料動画講座はこちら

朝活無料メール講座

朝活無料メール講座はこちら

いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter で

関連記事

  1. 好きなことを仕事にするのは難しい?好きを仕事にした実体験紹介…

  2. 睡眠の質がパフォーマンスを左右する!睡眠研究家西川ユカコさん…

  3. 朝活手帳はハードルが高い?初心者におすすめの使い方を作者が教…

  4. 朝活手帳 2021年版発売!前書き全公開。テーマは「生きがい…

  5. 朝活スケジュールはこう作る!プロ直伝ワーママ・共働きにおすす…

  6. 東京で朝活におすすめホテル朝食を体験してきた