東京で朝活におすすめカフェ10選を体験してきた

こんにちは。池田千恵(@ikedachie)です。

普段朝食は家で食べる、という人も、たまに朝カフェでゆっくり過ごすといつもと違った気分を味わえますよね。美味しくて雰囲気の良いカフェで朝をスタートすることができたら、それだけで充実の一日が約束されたような気分になります。

でも、東京にはたくさんカフェがあるにもかかわらず、朝オープンしていて、お値段もリーズナブルで、雰囲気もよく、かつ美味しいカフェを探すのはけっこう難しいです。なぜなら、ネットで「朝食」「モーニング」「カフェ」「地名」などで検索すると、トップにくるのは自動検索でビックアップされた、24時間営業のファミレスやチェーン系カフェが並ぶことが多いからです。もちろんファミレスやチェーン系カフェはサービスも一定していて安心ですし、いろいろな場所にあるので便利ではありますが、せっかく東京には個性あふれるカフェがあるのに、欲しい情報がネットでもなかなか探せないのはもったいないことだなと思っています。

また「朝食」「おすすめ」で検索してでてくる店は、なぜ、どういう基準で「おすすめ」かが明示されておらず、玉石混淆です。

そこで2008年より10年以上、100回にわたり「早朝グルメの会」という名の朝食会を開催、朝活カフェに詳しい筆者が実際に訪問し、雰囲気や居心地まで調べた朝活に本当にオススメのカフェを紹介します。

Contents

■朝活でカフェモーニングを楽しむ効果とは?

朝活でカフェモーニングを楽しむことには、私は4つの効果があると考えています。

朝活カフェの4つの効果

(1)目覚めのスイッチが入る

人間の体内時計の平均は24.2時間くらいといわれています。24時間よりも少し長いということは、放っておくと後ろにずれていってしまうため、毎朝リセットする必要があります。食べ物を胃腸に入れることは体内時計をリセットすることに繋がり、目覚めのスイッチとなります。(参考:パッチリ目覚める 早起きと朝ごはんと心の密接な関係

(2)非日常感を味わえる

毎日同じ時間に起きて、同じ食事をして、同じ時間に家を出て…といつものルーティンをこなすのも生活のリズムをつけるのに良いことですが、毎日同じことの繰り返しだとマンネリ化してくることもあります。「慣れ」のせいで素直な視点を忘れそうになったときや、自分の仕事や生活に行き詰まりを感じた時、朝食を家ではなくカフェで取ることで気持ちをリフレッシュさせることができます。例えば始業前、会社とは違う最寄り駅で降りて朝カフェしてから出社したり、休日にちょっと遠くの朝カフェに足を伸ばしたりしてみることで、いつもとは違うアイディアが浮かぶかもしれません。

(3)心や頭を落ち着けることができる

忙しい人はなかなか自分のための時間をつくることができません。朝早起きしてカフェでひと息ついてから会社に行ったり、休日ならカフェから一日をスタートさせることで、自分だけの時間を朝イチでつくることができます。早起きすれば時間がたっぷりあるので、あえて非効率だと思うようなことを考える余裕をもつこともできますし、「まあいいか」と流していたちょっとした違和感を改めて払拭する機会もできます。いつものパターンを繰り返すことをやめ、朝の時間で余白をつくれば「できない」と思って諦めていたことに突破口が見つかるかもしれません。

(4)カロリー高めの食事でも罪悪感が少ない

普段ダイエットを心がけている人は多いと思いますが、朝いちばんの食事ならちょっとカロリーが高くてもこれから動き回るので安心。寝る前のパンケーキは罪悪感の味ですが、朝イチのパンケーキは幸せの味です。たくさん食べてしまったときもランチやディナーで調整すれば大丈夫だと思うと朝から気楽な気分になれます。

■東京の朝活でおすすめカフェが見つからない理由

このようにメリットがたくさんある朝活カフェですが、なかなかおすすめの朝活カフェを見つけるのは難しいです。理由は次の通りです。

朝活カフェのおすすめ基準がわからない

多くの方は「朝活」「カフェ」「地名」で検索すると思いますが、なぜおすすめなのか?どういう基準で選んでいるのか?という「おすすめ」の基準がアイマイなまとめサイトが多く玉石混淆となっています。さらに早朝営業のカフェを探したいと思って「早朝営業」「カフェ」などで検索すると24時間営業のファミレスかファストフード店しかでてこないことが多いです。なぜなら、多くのまとめサイトは営業時間や地名だけで切り取った情報を機械的に提供しているだけだからです。もちろんファミレスやチェーン系カフェはサービスも一定していて安心ですし、いろいろな場所にあるので便利ではありますが、せっかく東京には個性あふれるカフェがあるのに、欲しい情報がネットでもなかなか探せないのはもったいないことです。

このような状況から、「朝活したい」というニーズに合った店は自分の足で調べるしかないのが現状です

朝活でおすすめカフェの3つの条件とは?

では、朝活で使いやすい、おすすめのカフェの条件とは何でしょうか。もちろん美味しいというのは欠かせない第一条件ですが、その他に私は3つあると考えています。

(1)値段が良心的

普段は家で食べている人が多い朝食。あまり高すぎると気軽に通えませんよね。朝食とコーヒーなどの飲み物がついて、できれば1,000円以内でおさめたいものです。ちょっと背伸びしたいときでも1,500円以内が限度かと思います。

(2)居心地が良い

超人気店のモーニングも良いですし、私も流行は気になるのでリサーチすることも多いですが、後ろでずっと行列が続いているようなお店だと、待っている人のことを考えると焦ってのんびりできませんよね。

  • そこまで混みすぎず、焦らずに食事をいただくことができる
  • 飲食スペースがぎゅうぎゅうでない
  • ソファ席があったり、椅子の座り心地が良かったり、雰囲気が落ちつく

そんなお店だと朝から良い気分に浸れます。

(3)おひとりさまでも気軽に入れる

一般的に外にでて誰かと交流するのが朝活だと思われていますが、私は「ひとり朝活」をおすすめしています。あえて「戦略的」にひとりの時間を朝イチにつくり、頭や心を整理することを提唱しています。(そのような観点からNIKKEI STYLEで「ひとり朝活主義」という連載をもっています)

ひとりでもそわそわせず、気軽に入ることができるカフェだと最高ですよね。

■朝活カフェ巡りを10年続けた筆者が本当におすすめするカフェ10選

上記観点から、朝活カフェ巡りを10年続けた筆者が教える本当にオススメのカフェを今回は10店、オープン時間順にお知らせします。(情報は2019年4月現在のものです。詳細はリンク先の公式サイトを確認してください)

白金台:SHIROKANE LOUNGE(朝6時半オープン)

都内ではめずらしい、朝6時台オープンのお店。しかも朝6時半から9時半までしか開いていない、「朝専用」カフェです。10時からは撮影ができるレンタルスタジオとして使われています。白金台という高級住宅地にありながら驚きのワンコイン500円(税込)で、メープルシロップつきのふわふわパンケーキとドリンクがいただけます。(写真はゆで卵とバターを追加で650円でした)パンケーキはフォークとナイフを使うのではなく手でちぎって、メープルシロップに浸していただきます。土地柄かワンちゃん連れも多くかわいさに癒されます。テラス席もあり。

公式サイトはこちら

  • 住所:東京都港区白金台5-13-26 1F TEL:03-6277-4377
  • 最寄り駅:白金台駅
  • オープン時間: 6:30~9:30
  • モーニングメニュー有無:有(というより、モーニング時間帯しかオープンしていません)
  • モーニングの価格目安:500円(税込)〜
  • 定休日:不定休
代々木八幡・代々木公園:15℃(朝7時オープン)

人気パンやさん「365日」の姉妹店。休日は大人気でオープンから並びますのでちょっと慌ただしいですが、平日なら比較的のんびりできます。広めでゆったりしたカウンター8席と、2人がけのテーブル席が6卓。大きめの窓があるので開放感があります。写真は「365日 ぱん」(1,050円+税)。3種類パン&スープかごはん&味噌汁、それにおかずを選んでドリンクがつきます。パンは無料で1度お代わりできます。身体にしみわたるような、しみじみとおいしい朝食を味わうことができます。

公式サイトはこちら

  • 住所〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-2-8  TEL 03-6407-0942
  • 最寄り駅:代々木八幡駅、代々木公園駅
  • オープン時間: 7:00~23:00(L.O.22:00)
  • モーニングメニュー有無:有(7:00〜11:00)
  • モーニングの価格目安:700円(+税)〜
  • 定休日:無
新宿:BERG(ベルク)(朝7時オープン)

眠らない街・新宿に、モーニングというより夜からの続きのような雰囲気が味わえる老舗のビア&カフェがあります。ビア&カフェなので朝からお酒もいただけます。けっこう朝から飲んでいる人もちらほら。朝のんびりまったり、という感じではなく、雑多な雰囲気なので今回の10選の中ではかなり異色ですが、活気があってなんだか生きる勇気がわいてくるような不思議なお店ですのでご紹介。モーニングはボリュームたっぷりでドリンクつきでもワンコインでおつりがきます。

公式サイトはこちら

  • 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目38−1 ルミネエスト新宿 B1 TEL 03-3226-1288
  • 最寄り駅:新宿駅
  • オープン時間: 7:00〜23:00
  • モーニングメニュー有無:有(7:00〜12:00)
  • モーニングの価格目安:410円(税込)〜
  • 定休日:なし
東京・大手町・二重橋前・丸の内:WISE SONS TOKYO(平日朝7時半、土日祝朝8時半オープン)

金融街の割に意外と朝早いお店が少ないイメージがある丸の内界隈。朝7時半から引きがあって歯ごたえがある本場のベーグルをいただけるお店がこちら。サンフランシスコの人気店の日本第一号店です。サラダやスープも充実。明るい店内、テーブル間のスペースも広めでゆったりとした時間を過ごすことができます。

公式サイトはこちら

  • 住所〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目4−1 丸ビルB1F  TEL 03-6551-2477
  • 最寄り駅:大手町駅、二重橋前駅、東京駅
  • オープン時間: (平日) 7:30~21:00、(土) 8:30~21:00、(日祝) 8:30~20:00
  • モーニングメニュー有無:有(7:30〜11:00)
  • モーニングの価格目安:600円(+税)〜
  • 定休日:無
中目黒:Onigily Cafe(朝8時オープン)


窓が広く開放的な店内で、日本穀物検定協会が発表した「お米の食味ランキング」で最上級となる特Aランクを獲得した地域、長野県佐久産コシヒカリを使用したおにぎりをいただけます。おにぎりの種類も多く、ふわあ、ほろりの絶妙な握り具合が最高。ソファ席もありほっとする空間です。

公式サイトはこちら

  • 住所:153-0061 東京都目黒区中目黒3-1-4 TEL : 03-5708-5342
  • 最寄り駅:中目黒駅
  • オープン時間: 8:00〜16:00
  • モーニングメニュー有無:有(8:00〜11:00)
  • モーニングの価格目安:500円+税〜
    おにぎり朝食セット(好きなおにぎり2個、小鉢、お味噌汁、ドリンク)
  • 定休日:不定休
六本木:ブリコラージュブレッドアンドカンパニー(朝8時オープン)

大阪のブーランジェリー「ル・シュクレクール」、ミシュラン二つ星フレンチ「レフェルヴェソンス」、ノルウェー・オスロのコーヒーブランド「FUGLEN」の3店舗がコラボレーションしたお店。サラダ、ドリンク付きで1,000円以内からと、この界隈にしてはリーズナブル。タルティーヌは季節ごとに変わるので楽しみが続きます。テラス席があり、桜の季節は見事です。

公式サイトはこちら

  • 住所:106-0032 東京都港区六本木6-15-1 六本木ヒルズ けやき坂テラス 1F TEL: 03-6804-3350
  • 最寄り駅:六本木駅
  • オープン時間: ダイニング・カフェ8:00~21:00(LO 20:30)/ベーカリー8:00~21:00 /
  • モーニングメニュー有無:有(8:00〜11:00)
  • モーニングの価格目安:900円(税込)〜
  • 定休日:月曜(祝日の場合は営業)
神保町・水道橋:DIXANS(ディゾン)(平日朝8時、土日祝11時オープン)

甘みがやさしくむっちりした極厚黒糖トーストを、かわいらしいラテアートとともにいただけます。厚切りトーストは吉祥寺にある人気カフェ「ブーランジェリー・ビストロ・エペ」で作られているものだそうです。もともとケーキやさん(武蔵小山に本店がある「パティスリー・ドゥ・ボン・クーフゥ」の10周年に姉妹店としてオープン)なのでケーキも充実。お店が水道橋と神保町、2店あるのでご注意を。神保町店は広々としています。

公式サイトはこちら

  • 住所:(水道橋の1号店)101-0065 東京都千代田区西神田2-7-11 北村ビル 1F TEL:03-6256-8417
    (神保町店)101-0051 東京都千代田区神田神保町1-24 1F・2F TEL:03-5244-5618
  • 最寄り駅
    水道橋駅店の最寄り駅:水道橋、神保町、九段下
    神保町店のの最寄り駅:神保町、新御茶ノ水
  • オープン時間: [月~金]8:00~20:00、[土・日・祝]11:00~18:00
  • モーニングメニュー有無:無
  • モーニングの価格目安:1,000円〜
  • 定休日:不定休
自由が丘・町田:ラテグラフィック(朝8時オープン ※町田店は朝8時半オープン)

オーストラリア・メルボルンは「オーストラリアのカフェ発祥の地」「世界一カフェのある街」としても知られるそうです。メルボルンのカフェ空間をイメージしたレストランがこちら。オセアニア地域は朝食文化を大切にするそうで、モーニングメニューも充実しています。もともと町田にある人気カフェが自由が丘に進出しています。神奈川県の海老名にも店舗があります。店舗は広々としていて、ゆったりソファ席もあり朝活カフェにぴったりの空間です。ラテアートも美しい。

公式サイトはこちら

  • 住所:(自由が丘店)〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-8-18 2F TEL 03-6421-2242
    (町田店)〒194-0013 東京都町田市原町田6-11-11 T-wing Machida 2F TEL 042-728-8015
  • 最寄り駅:自由が丘駅、町田駅
  • オープン時間: (自由が丘店)8:00〜23:30(町田店)8:30〜23:30
  • モーニングメニュー有無:有(8:00〜11:00)
  • モーニングの価格目安:480円(+税)〜
  • 定休日:不定休
浅草・田原町・蔵前:フェブラリーカフェ(8時15分オープン)

パン好きで知らない人はいない浅草の大人気老舗パン屋さん「ペリカン」のパンをトーストした「朝パンセット」で有名なこちらのお店。パンはバターとチーズが選べます。密度が濃く、もちっとした食感のペリカンのパンの表面がカリっと香ばしく焼かれていて、幸せな気持ちになります。公式サイトによると、店名のフェブラリー(2月)は「まだまだ寒いモノトーンの街並みだけど ほのかに色つきはじめたつぼみが 春の訪れを感じさせてくれる特別な月」という理由で名付けられたそうです。これから始まる!というワクワク感は朝イチの時間の希望とも共通するものがありますよね。

公式サイトはこちら

  • 住所:〒111-0043 東京都台東区駒形1-9-8 TEL 03-6802-7171
  • 最寄り駅:浅草駅、田原町駅、蔵前駅
  • オープン時間: 8:15〜18:00(ラストオーダー17:30)
  • モーニングメニュー有無:有(8:15〜11:00)
  • モーニングの価格目安:650円(税込)〜
  • 定休日:なし(冬季12月31日・元日お休み)
浅草・田原町: MISOJYU(朝8時半オープン)

書道家の武田双雲さんが結成した「TEAM地球」がプロデュースする、有機野菜を使った創作お味噌汁のお店。2F席には武田双雲さんの書がどどん。1Fはおひとり席が6席、2Fはテーブル席が相席で14席。こぢんまりした店内なので、ちょっとゆっくりくつろぐという感じではないですが、お味噌汁は大ぶりのお椀にたっぷりと入っていてかなり満足度高く、ほっとする味。朝はやっぱり和食でしょ!という方におすすめです。私が伺ったのは休日だったのですが、平日だと少し空いていて、ゆっくりいただけるかと思います。

公式サイトはこちら

  • 住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1-7-5 TEL:03-5830-3101
  • 最寄り駅:浅草駅、田原町駅
  • オープン時間: 8:30~19:00
  • モーニングメニュー有無:有(8:30〜11:00)
  • モーニングの価格目安:朝ごはんセットは、朝みそ汁+おにぎり1+煮卵ハーフ+お新香で600円(+税)〜
  • 定休日:月曜

■朝カフェで朝いちばんの心の「余白」を作ろう

今回オープン時間順におすすめ朝カフェを紹介しました。オープンしたてのお店に一番乗りすると、好きな席も自由に選べるし、朝イチだから店員さんも疲れておらずさわやかだし、お店もチリひとつないしとても気分が良いものです。朝のほっとする「余白時間」を朝カフェでぜひ体験してみてください。


■朝活 7日間無料動画講座はこちら

朝活無料メール講座

朝活無料メール講座はこちら

いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter で

関連記事

  1. 朝活手帳2020発売!前書き全文公開。テーマは「自分軸」

  2. ワーママこそ朝活イベントに参加したほうが良い理由

  3. 朝活スケジュールはこう作る!プロ直伝ワーママ・共働きにおすす…

  4. 朝活の意味とは?効果とメリットおすすめ11の活用方法

  5. 朝活ランニングの効果と時間|この方法でフルマラソン8回完走し…

  6. 朝活は何時に起きて何時に寝る?夜型から朝型に変えた私が教えま…