*

【講演情報】6月9日は福岡で「じぶん働き方改革」

2018年05月14日

こんにちは。池田千恵です。

今朝は「佐賀のがばいばあちゃん」「女帝」「ストロベリーナイト」などのドラマ脚本で知られる、脚本家・作家の旺季志ずかさんの新刊『「誰かのためも大切だけど、そろそろ自分のために生きてもいいんじゃない?」』(学研プラス)を読みました。

 

 

私はもともと旺季さんと知り合いなのですが、初めてお会いしたときの外見は、清楚で物静かで知的なイメージの「ザ・作家」という感じでした。

 

が、徐々に形態進化(!)をされ、今はピンクの髪の色にピンクの服で羽をはやし、阿波踊りを披露し、そして今、秋元康さんプロデュースの「吉本坂46」のオーディションで人気芸人さんを押さえてただいま投票ランキング2位!すごすぎる…!ラスボス化している。

 

旺季さんの変貌が15秒でわかるプロモーション動画のリンクを張ります。めっちゃ面白いのでこちらぜひみてみてくださいね。

 

1日1クリックで「吉本坂46」の投票ができます。明日5/15までだそうです。つい何度も見てしまう中毒性がある。
https://yoshimotozaka46vote.com/vote.php?id=0025

 

そんな思いっきり自分を生きている旺季さんになるまでの心の葛藤や悩み、どうやって心を変え、人生を変えていったか。そんな話を、横で語りかけてくれているかのように読むことができる本でした。

 

さてさて、本題です。

 

6/9は久々に福岡に向かいます!

池田千恵公式ブログ iプラ・時間美人・Before 9主催、自分企画力で私をいっそう楽しもう!-ipla

6/9(土)日経Wアカデミー「仕事塾in福岡マーケティング力で先を読む!」に登壇。”スッキリ定時退社するための「朝イチ2時間」自分働き方改革”をテーマに講義します。

 

「働き方改革」という言葉が先走り、具体的な施策が進まない現状、会社や人事の変革を待っていてはらちがあかない!会社が変わる前に自分自身をどんどんアップデートしていく「じぶん働き方改革」のための、明日からできる朝30分の使い方を話します。

 

福岡は1年ぶりです。空港から中心部まで近いから福岡ってホントいいですよね。ごはんも美味しいし!楽しみです。

 

【日時】6月9日(土)13:00~18:50(開場12:30)
【会場】日本経済新聞社西部支社6階
「大会議室」福岡県福岡市博多区博多駅東2―16―1
【参加費】16,500円
【定員】70名様
【申込み】
以下のリンクよりお申し込みください
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=2327&TYPE=
【お問い合わせ窓口】 日経Wアカデミー事務局 TEL:03-3233-8292

関連記事

7/15いわき講演の打ち合わせと、シャングリ・ラホテル東京の思い出

2012 年 7 月 15 日(日) 10 時~13 時 30 分のいわき講演について、主宰のいわき

記事を読む

【イベント】10/21(金)朝から「NY朝食の女王」サラベス貸切で社会貢献!

【満員御礼】お陰様で満席となりました。平日の早朝にもかかわらず多くのご応募ありがとうございます。今後

記事を読む

【募集開始】ブルーボトルコーヒー貸し切りで朝活!の話

こんにちは!池田千恵 です。 先週土曜日は、2012年にスタートさせた私塾の「iプラ」 同

記事を読む

【セミナー開催レポート】広島 自分マネジメント力を磨く方法

こんばんは!池田千恵 です。 昨日おとといと、広島に行っていました。 広島で活躍されてい

記事を読む

テクニックを通じて生き様を伝えよ

こんにちは、池田千恵 です。 まずはメディア情報から。昨日3月26日(木)、フジテレビ系列のお

記事を読む

資料の美しさや話のうまさでなく、●、●、●でプレゼンに勝つ

おはようございます!池田千恵です。   先日はオフィス空間

記事を読む

【講演】12/23育休ママパパ向けセミナー!託児サービスつき

おはようございます。株式会社 朝6時 池田千恵です。   とらちゃん(

記事を読む

【予告】8/25(土)朝10時募集開始 『朝活手帳』3ヶ月活用講座開催します

10月より3ヶ月、池袋コミュニティ・カレッジで講座を担当することとなりました! できたてホヤホヤの

記事を読む

no image

やってもやっても終わらない感から抜け出す方法

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。 まずはお知らせです。 12月、1月で連続開

記事を読む

トップダウンを待つのではなく、トップを動かせ

こんにちは。株式会社 朝6時池田千恵です。   3月29日にブロガー・作家のは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

copyright© ikedachie.com all rights resereved
PAGE TOP ↑