*

【メディア】an・an2018年4月15日号掲載/資料は2段階上の人に向けて書く

2018年04月20日

こんにちは。池田千恵です。

2018年4月18日発売、嵐の二宮くん表紙のan・an、2018.4.25号の特集「私バージョンアップ講座」にて、仕事のタイムマネジメント力をあげる12メソッドについて2ページにわたり解説しています。

 

頑張ってる割に前に進んでる感がないときに、達成感を得る秘訣をお伝えしました。

池田千恵公式ブログ iプラ・時間美人・Before 9主催、自分企画力で私をいっそう楽しもう!-ipla

池田千恵公式ブログ iプラ・時間美人・Before 9主催、自分企画力で私をいっそう楽しもう!-ipla

 

その中で、インタビューしてくれた編集者さんが特に「なるほど!」と前のめりに反応してくれたのが「企画書や資料は、2段階上の上司に向けて作成する」という話でした。

 

そこで今回は、「企画書や資料は、2段階上の上司に向けて作成する」について、ちょっと詳しく書いてみますね。

 

トップダウンでものごとを決められる立場にいる人は良いのですが、自分がこれはいい!と思っているのに、なかなか前に進まないことってありますよね。

 

そんな時にちょっと意識すると良い話です。

 

直属の上司が見たあと、さらのその上の上司(意志決定者)がいるような書類や企画書の場合は、直属の上司が見てわかりやすいというのはもちろんのこと、上司がその上の上司に渡す時に、説明なしにそのまま渡してもちゃんと読んでもらえるものになっているか?を意識すると良いです。

 

これは何も、「直属の上司を中抜きにしろ」という意味ではありません。むしろ、直属の上司にラクさせよう、というものです。

 

直属の上司が「これはいい企画だ!」と思ったとき、もう一度、その上司は上にあなたの企画を説明する必要がありますよね。

 

もう一度説明するって、実はけっこうめんどくさいんです。そのために準備しないといけないとなると一苦労。

 

時間は有限なのに、あなたのために時間を費やさないといけないのです。

 

その上、もう一度説明することで伝言ゲームみたいに、自分が考えた意図がまげられちゃう、なんてこともよくあるんです。

 

だから、直属の上司に向けて書く、というところだけでは不十分で、意志決定者が意志決定しやすいようにまとめる、というところまですると良いです。

 

例えば、私の場合、連載企画を出版社に持っていく、みたいな仕事があるのですが、普通の人はこういう感じのプロセスを経ることが多いようです。

 

1. ぼんやりとしたアイディアをメールで担当者に投げる
2. 担当者とミーティングで詳細を詰める
3. 担当者が企画会議に上げるための資料をつくる
4. 企画会議が行われる

 

私の場合はこうします。

 

1. 担当者にアイディアを簡単にかいつまんだ文章とともに企画書をメールで送ってしまう
2. その企画書をもとに担当者が企画会議に上げる

 

担当者が私と会って打合せする時間と、企画書を私の話をもとに仕上げる時間をショートカットできないか?と考えます。中抜きではなく、担当者の手間をいかに軽減させるか、という視点です。

 

そうすると、担当者もラクですので感謝されますし、自分も企画の意図を伝えやすくなります。

 

相手も私と仕事をすると余計な時間が取られないのは、きっと嬉しいはず。

 

意外とそこまでやる人って少ないんですよね。

 

お陰様で今のところこれでかなりの確率で連載が決まります。

 

よかったら明日からでも意識してみてくださいね。

 

an・anでも他にも仕事のスピードアップ術をいろいろ解説していますので、気になったら読んでもらえると嬉しいです!

<ただいま募集中セミナー>

 

池田千恵公式ブログ iプラ・時間美人・Before 9主催、自分企画力で私をいっそう楽しもう!-ipla

何のための時短?何のための朝活? 価値観を明確にしてラクに家事や仕事を進めよう! ~オーガニック料理研究家 菅野のな×朝活手帳 池田千恵が 語る「ていねい×時短」を両立させるコツ~

 

2018年5月12日 (土) 10:00 – 12:00
外苑前アイランドスタジオ 渋谷区 神宮前3丁目 神宮前IKビル

関連記事

【メディア】日経ビジネスアソシエムックでオーディオブックの紹介

こんにちは、株式会社 朝6時 代表取締役 池田千恵です。 昨日は11/22、いい夫婦の日、というこ

記事を読む

【メディア】「福島美味めぐり」に寄稿

おはようございます!池田千恵です。 昨日、銀座の君嶋屋さんで「ちえびじん」という紅茶梅酒のソー

記事を読む

【メディア】日経ウーマン 働く女性へのおすすめ手帳10冊に『朝活手帳』

こんばんは。株式会社 朝6時 池田千恵です。   街はクリスマス一色で

記事を読む

【ご報告】第一子誕生/雑誌「都心に住む」で朝活

こんにちは。株式会社朝6時 池田千恵です。 私事ですが、先日第一子となる男の子を出産しまし

記事を読む

【メディア】日経新聞夕刊に朝活手帳

こんにちは。株式会社朝6時 池田千恵です。 とらちゃん(息子)の一ヶ月検診が無事終わり、お宮参

記事を読む

【メディア】OZ plus 2015年3月号に早朝グルメの会

おはようございます!池田千恵です。 最近フルーツとナッツを持ち歩いてモデルのふりしてます。モデ

記事を読む

【連載開始】東洋経済オンラインにて「朝の余白」の使い方 #朝余白

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。   今年もあと2週間!そ

記事を読む

【メディア掲載】OZplus、シティリビング

こんにちは!CONECTA 池田千恵です。 我が家の玄関前に夜現れる猫がいます。連れ(夫)が、

記事を読む

【メディア】日経ウーマンオンライン連載「ひとり力の作り方」

おはようございます。株式会社 朝6時 代表取締役 池田千恵です。 今朝は浅草に用が

記事を読む

著者デビュー5周年&アグレッシブ宣言&リンネル掲載

こんにちは!池田千恵 です。 ひとつ前の記事に書きましたが、夫の祖母の葬儀で静岡にしばらく行っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


copyright© ikedachie.com all rights resereved
PAGE TOP ↑