*

「望まない夜更かし」をなくしたい

2017年01月10日

池田千恵公式ブログ iプラ・時間美人・Before 9主催、自分企画力で私をいっそう楽しもう!-ipla

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。

 

先日、東洋経済オンラインに記事を寄稿しました。タイトルが過激だったこともありまして予想以上の反響で、反対、賛成意見たくさんいただきました。

 

Yahoo!ニュースにも取り上げられ、ネット全体ではたいした話ではありませんが、自分的には「プチ炎上」とも言える状況で、「池田千恵はバカだったのか」「現場を分かっていない机上の空論」などと名指しで批判もうけたりもしました。

 

■残業を「会社のせい」にする人に欠けた習慣
http://toyokeizai.net/articles/-/152338

 

また、同時期に朝時間.jpさんでも記事にしていただき、東洋経済さん&朝時間.jpさんの相乗効果で、アマゾンでは『朝の余白で人生を変える』が一時的に在庫切れになっています(ディスカヴァーさんの公式サイト http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799320006 では販売しております!)

 

■早起きしたくなる!“朝活手帳”ファン必読の1冊「朝の余白で人生を変える」
https://asajikan.jp/article/115529

 

この一件であらためて「残業しても17時」「最後の追い込みより最初の仕込み」の考えをより多くの企業に実践していただき、働き方を変えたい!朝型生活の定着で鬱や自殺を減らしたい!という思いを強く感じることできました。無理だと言われていることほど、よーしやったろうじゃないの、と、メラメラと闘志がわいてきます。

 

以前、「朝活」を趣味のひとつとして活動していた頃、このような批判を受けたらすぐに傷ついていたでしょう。でも今は、何を言われようと、大きな目的の前では痛くもかゆくもない、と、ある意味冷静になっていたのが自分でも驚きでした。

 

もちろん、すべての人間に一律に朝型がすばらしい、という価値観を押しつけるつもりはありません。しかし、「望んだ夜更かし」でなく、「望まない夜更かし」のために辛い人生を送っている方の力になりたいのです。

 

もし夜型の方の中で、仕事が終わらない、残業が多すぎる、夜の断れない付き合いが多い、1日にカタをつけないと気が済まない、などの理由で、「望まない夜更かし」をしている方がいるのであれば、試しに朝型生活を初めてみませんか?という提案なのです。

 

ご興味ある企業様、詳細を説明にあがりますので、お問い合わせフォームよりぜひお知らせくださいませ。
http://www.asa6.co.jp/inquiry.html

 

これからも突き進みます!

 

========================

■新刊朝の余白で人生を変える朝活手帳 2017好評発売中です

 

朝の余白で人生を変える 朝活手帳 2017

関連記事

「働き方改革」で社員が伸びる会社/社員がサボる会社の違いとは?

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。   とらちゃん(息子の愛

記事を読む

『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』オーディオブックになりました

先ほど、中野区倫理法人会様での講演&朝食会を終え、オフィスに戻ってきました。Twitterやブログ経

記事を読む

「ひとり時間」本、電子化されました

こんにちは!CONECTA池田千恵です。 今日は、明日第7期スタートの「働きウーマンに贈る 私

記事を読む

【朝活】朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!増刷御礼

こんにちは。株式会社朝6時 池田千恵です。    

記事を読む

目標達成のためのアナログ手帳活用法

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。   実はわたくし、8月は

記事を読む

今日で、我が子が1歳です

あ、我が子って、この本ですけどね。 「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! posted w

記事を読む

no image

お知らせ】7月23日に、初の著書を出します

このたび、初の著書『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』 (マガジンハウス刊 7月23日

記事を読む

「和をもってニッポン人の会議」を広めたい

こんばんは!池田千恵です。今日2回目の更新です。 すでに2014年が始まりましたが、2013年の年末

記事を読む

明日は、大好きなじいちゃんの命日です

明日、8月14日は、大好きなじいちゃんの命日だ。 2年前の明日、旅立った。 この新聞記事は、2010

記事を読む

朝活手帳2014 本日発売!

おはようございます!池田千恵です。 昨日まで、地元の福島県いわき市にいました。福島県商工会のプレゼン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


copyright© ikedachie.com all rights resereved
PAGE TOP ↑