*

「自分リスクヘッジ」の手段として、朝を活用する

2012年01月20日


私が早起きを推奨している理由のひとつとして「余裕な自分でいたい」というものがあります。
今までの行動を振り返ったとき、さんざん起こしてきた失敗はすべて、余裕のなさから生まれてきていると思っているからです。
そして実際早起きを続けてきた結果、少しずつではありますが「余裕」を手に入れているような実感があります。
怒りそうになったとき、
慌てそうになったとき、
泣きそうなとき、
謙虚さを失いそうになったとき、
心がざわざわしているとき
自分が自分でなくなりそうになったとき。
きちんと、本来の自分を取り戻せる「お守り」として、朝のひとり時間を大切にしているのです。
私の場合、朝早起きする=心の安定を取り戻す、というように脳内変換されているので、早起きをすること自体が「お守り」のようになっています。
あ、やばい!と思うと、必ず早起きをすることで、今まで乗り切ってきました。
早起きをすることで精神が安定して、自分が戻ってくるような感覚になるのです。薬がいらない精神安定剤、といったところです。
「お守り」は、早起きだけとは限りません。例えば他には、こんなお守りも持っています。
● 走ること
● 好きな音楽を聴くこと
● ビタミンパーソン(私を元気づけてくれる大事な人たち)に会うこと
● みんなで楽しく飲むこと
● 美味しいものを食べること
などなど。
でも、ビタミンパーソンと会う、みんなで飲む、というのは相手のスケジュールがあったりして、「今ピンチ!」という時になかなか難しい場合も多いですよね。
それに、美味しいものを困った時に食べ過ぎたら太ってしまいます。
そこでおすすめするのが、

●自分ひとりで解決できて
●即効性があって
●依存性が高くないもの(依存性が高い=薬、アルコール、ジャンクフードなど)

を「自分を取り戻すリスクヘッジ」として複数持つことです。
相手がいないと問題が解決できないなら、万が一、一生その相手と会うことができなくなったとき、立ち直れなくなります。
依存性が高いものは、切れたとき、精神が不安定になります。
もちろん、相手をないがしろにしろ、という意味ではありません。相手にアドバイスをもらうことも重要ですが、そのアドバイスを受け入れ、自分を立ち直らせるのは、自分しかない。
だったら、自分を立ち直らせる手段を複数持っておけば、自分で自分を進む道に連れて行くことができます。
これは、多ければ多いほど良いです。
例えば、早起きだけに頼ると、時期的に早起きが難しいときにどんより落ち込んでしまいます。だから、早起きができない時はこの音楽を聴く、といったように、リスクを分散します。
リスクヘッジの手段は、人によっては「早起き」に限らないかもしれません。
自分なりの「リスクヘッジ」が何か、立ち止まって考えてみませんか?自分にとっての良い精神安定剤が見つかるかもしれませんよ!

関連記事

アンジャッシュ渡部建さんのラジオ番組に出演してきました

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。 この週末は、家族旅行で熱海にいってきました。

記事を読む

年末神社参拝のすすめ

こんばんは!池田千恵 です。 今日は、毎年年末恒例、江島神社に早朝参拝に行ってきました。

記事を読む

雪積もる朝に思ったこと

今朝の東京は、雪で真っ白でした。 全国的に、昨日の夜から雪が降り積もっているところが多かったようで

記事を読む

明日は、大好きなじいちゃんの命日です

明日、8月14日は、大好きなじいちゃんの命日だ。 2年前の明日、旅立った。 この新聞記事は、2010

記事を読む

「望まない夜更かし」がなくなる世の中へ

こんにちは!池田千恵 です。 昨日、『朝活手帳』の編集者Hさんに「2016年度版の表紙に載せる

記事を読む

4月第1週って、なんだか特別

4月第1週!なにか新しいことが始まる予感がする日ですね。 いろんなことをしているので、最近「肩書き

記事を読む

「望まない夜更かし」をなくしたい

こんにちは。株式会社 朝6時 池田千恵です。   先日、東洋経済オンラ

記事を読む

「ヨジラー」が全国区に!

先日の土曜日。 なにげなく日経新聞「日経PLUS1」を読んでいたら。。。 な、なんと! 「ヨジラ

記事を読む

【増刷御礼】『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』

おはようございます!株式会社 朝6時 代表取締役 池田千恵です。 昨日連絡いた

記事を読む

no image

「潜伏系」でこっそり自分の価値をあげる

私が4時起きを始めたのは、要領が悪くて不器用だと自覚しているからです。 「外資コンサル出身だし、ロジ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

copyright© ikedachie.com all rights resereved
PAGE TOP ↑